私たちが日本を支える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「面接特訓講座がお勧め」~都庁/横浜市合格 O・Yさんが喜治塾を推薦します!

O・Yさん 早稲田大学人間科学部在  合格先:都庁・横浜市

・講義
私はゼミの一環である米国研修や学園祭の参加、自身の復興支援ボランティア活動といったように3年生の間は様々な活動をしていました。そのため、生の講義にはほとんど参加できませんでした。DVDでのフォローが可能だったため、自分のペースで勉強が進められたのが私にはよかったです。

・教材
帰国子女であり、非法学部・経済学部である私にとって、勉強は本当に0からのスタートでした。教養の基礎もなく、専門科目も全くもっての初学者でした。そんな私でも、喜治塾のテキストはわかりやすいものでした。基礎力を養うのにはもってこいでした。何度も何度も見直し、確認テストを解くといったようにテキストのやりこみに時間をかけました。
すると、過去問が自然と解けるようになっていたり、応用版の教材にもすんなり入っていけたりした時には感動したのと実力がついているのに実感できました。初学者には特にとつきやすくなっていると思います。

・面接特訓講座
面接の対策は、模擬面接と面接特訓講座の2つのタイプがありました。特に印象に残っているのは、面接特訓講座です。実際に自分の面接を受けている様子をカメラで撮影し、数人の受講者と一緒に一人ひとりにフィードバックをしていくものです。恥ずかしい気持ちもあるのですが、行ってみると自分では気づかない癖や仕草が見つかり、改善点がはっきりとわかります。また、ここで出会った仲間とその後も面接の練習をしたり、受け答えの改善を図ることができたりしたことが本番でも活かせてとてもよかったです。是非喜治塾に来てこの講座をとることをおススメします。

・雰囲気
上記に記載したとおり、1か月まるまる塾にいけないときもありました。少人数の喜治塾では、そうした状況も把握してくれていて相談に行きやすかったです。事務の方にも、名前をすぐ憶えて頂き、勉強が遅れて辛かった時も話しかけてくれたことがとても嬉しく支えになっていました。

  1. 2012/09/13(木) 13:10:30|
  2. 合格者の声
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。