私たちが日本を支える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

23年度特別区経験者採用試験・合格体験記

O・Kさん(3級職主任主事Ⅰ)「子育てしながら効率よく勉強」

私は、特別区経験者採用を受験しましたが、子育て中の母親でもあるため、論文・面接への対策に十分な時間を割くことができない状況でした。従って、効率よく、短期集中で要点をつかんだ勉強が必要でした。また、特別区についての知識もなく、論文の過去問を見ても質問自体が理解できないというような状態だったので、大きな不安を抱えていました。しかし、喜治塾の講座を受講し、「特別区とは?」ということから、現在の特別区が抱えている課題までわかりやすく解説して頂き、最終的には現代社会における様々な問題を立体的に捉えられるようになりました。公務員試験対策ではあるものの、その他の就職活動にも十分に応用できるものであったと思います。そして、その課題を理解することで、自分が職員になった際に具体的にどんなことがやりたいか、どうあるべきかということを深く考えることにもつながり、それは実際に面接にも役立ちました。

A・Yさん(3級職主任主事Ⅰ)「塾の講義でやる気を持続」

私は民間企業に従事した後、区役所の非常勤職員として勤務していました。行政の仕事に携わっていて、行政というのははまちをより良くするためにあると実感し、やりがいを感じました。私は当時、「今よりもっと発言力や責任のある立場で事業を動かしたい。」と思っていました。そこで、受験を決意しました。
 入塾して最も良かったことは、行政への問題意識が持続したことです。これがモチベーションとなり論文や面接のテクニック、情報収集能力の向上になったのだと思います。採用試験にかかる期間は約半年に及びます。問題意識を持続させモチベーションを維持し続けることは、とても難しく一人では限界があります。喜治塾は講義などを通して塾生に働きかけ、やる気を喚起してくれます。私が合格できたのも、このことのおかげだと思っていますし心から感謝しています。だから、私は喜治塾を推薦します。

I・Aさん(2級職)「厳しい面接指導のおかげで合格」

<苦労した点>
試験全体として特別区経験者採用試験は試験期間が最短でも4ヶ月くらいかかるため、長丁場で精神的にきつかった部分がありました。
論文試験は最初は本当にボロボロでした。しかし文章を書く能力の無い自分でも、五十嵐先生の講義を受けて何本か書くうちに書き方のコツを身につけられるようになりました。論文を書くことが不得意な方でも十分技術を身につけることができる講義になっていると思います。
一番苦労したのが面接対策でした。社会人になってからの自分のPRの仕方がうまくいかず、かなり苦戦を強いられました。そのため塾長や五十嵐先生に合計3回模擬面接で指導していただきました。正直指導は辛口でしたが、ズバッと言って頂いたことで自分のウリや改善点を整理することができました。また、模擬面接で問われた点が面接でほぼ毎回聞かれていました。模擬面接を受けて本当に良かったと思います。

<工夫した点>
教養試験の試験対策は基礎的な部分しかやりませんでした。
特に数的推理は苦手でしたので、判断推理、空間把握、資料解釈を試験の3ヶ月くらい前からできるだけ毎日1問解くことを心がけました。いろいろ参考書を回したい気持ちになりがちですが、ひたすら1冊の本を回すようにしました。
あとは新聞の社会面を読んだりNHKの「クローズアップ現代」を毎日録画し、行政の取り組みを取り上げている回を見るようにしてました。

<喜治塾の講座で役立った点>
論文対策、面接対策いずれも自分の糧になりとても役立ちましたが、特におもしろかったのが五十嵐先生と文京区を回ったワークショップでした。
日頃何気なく歩いている街の良いところ悪いところや行政の取り組みの一端を垣間見ることができ、何か自分と役所が身近に感じることができました。試験対策以外でもいろいろ学ばせていただき良かったと思います。

<受験を志した経緯>
私はもともと国の機関で働いておりました。
今回の地震の関係で仕事でもプライベートでも震災対応をしているうちに、直接現場で仕事がしたいと考え、それができるのが特別区のような自治体だと考え受験しました。

O・Hさん(2級職)「的中したおかげで余裕を持てた論文試験」

<受験を志した理由>
私が東京都特別区を志したきっかけは、昨年の3月11日14時46分に発生した東日本大震災です。震災直後、4月から12月まで毎月、私は宮城県南三陸町に災害ボランティアとして活動してきました。そこで多くの住民の方を触れ合い、五感を通して感じた想いが、私を特別区受験に駆り立てました。具体的には、高台の避難所で困難な生活を強いられていた「高齢者」の生活です。高齢の被災者は、長い避難所生活のため足腰は弱り、寝たきりの生活を余儀なくされている方もいました。(生活不活発病)段ボールの低い敷居の中で、朝から晩までずっと寝ているのです。これを見て、私は掛ける言葉が見つかりませんでした。荒廃したまちは少しずつ復旧する一方で、高齢者の生活の一層困難になっていました。私は荒廃したまちよりも、この高齢者の生活にこそ、「言葉を失う」という体験をしてきたわけです。
私の出身である東京都にも、首都直下型地震の脅威が迫っています。また、東京都にも多くの高齢者が住んでいます。高齢者を取り巻く環境は、所在の不明問題や無縁による孤立化などで表現されるように厳しいと言えます。そこで、災地での体験を活かせる一つの選択肢として、私の心の中に「東京都特別区」が浮かびました。
そんな折、南三陸町防災対策庁舎の災害対策課で亡くなった遠藤未希さんをよく知る住民とも出会ったのです。南三陸町歌津地区の住民です。小さい頃から剣道を一緒にしていたそうです。「遠藤未希さんは生きたかったと思う。名誉の死ではなく。未希さんの親友の役場のMさんも見つかっていません。だから、彼女のぶんまで生きてください。」この一言が、私を東京都特別区として、同じ行政職員として遠藤さんの魂を引き継ごうと決断させました。
もともと体育会系の私は警察官志望でした。だから、公務員に全く興味が無かった訳ではありませんでした。しかし、「東京都特別区」を受験するに当たっては、私的は理由ではなく、南三陸町の被災者の想いも籠った並々ならぬ志望動機になっていたのです。志望動機というものは、言葉巧みで綺麗なものではなく、泥臭い体験の積み重ねの果てにひねりだされてくるものだと学びました。

<苦労した点(論文試験)>

特別区(経験者)の一次試験最大のボトルネック(課題)は、論文試験です。それは、論文試験の配点比率が高いことが想定されるからです。この論文試験の成否が、特別区全体の合否を分けるといっても過言ではないからです。私は、論文には多少の自信がありました。なぜなら、読書が好きなので、毎日多くの媒体に目を通していたからです。しかし、それが故に、子細な表現に拘りすぎて、表現が大袈裟で、具体性が無いと講師の五十嵐先生から厳しいご指摘を受けました。制限時間も短いなか、どのテーマが出題されてもある程度の具体的な内容の伴った文章を書かなければなりません。論文に取り組めば取り組むほど、難解さが分かってきました。
しかし、五十嵐先生からのご指摘は、非常に的確で論文対策を進める上で大変参考になりました。なぜなら、五十嵐先生ご自身も、東京のまちや区役所でフィールドワークを実施し取材をしていたからです。現場から出てきた課題を抽出し講義されていたので、言葉に説得力があります。加えて、タイムリーかつ机上の空論ではない社会の実情の問題意識を学ぶことができました。五十嵐先生の徹底した現場主義の姿勢や考え方は、入庁後も必ず役に立つと確信しております。
本番の論文試験では、五十嵐先生の予想問題が的中し、下書き不要の楽勝な展開になりました。例え的中していなくても、五十嵐先生の講義で、社会の本質を教えました。だから、全く焦りはありませんでした。講義の内容を木に例えるならば、一本の太い木(本質)を学び、あとは枝(知識)を補強し、自身の体験(水に相当)を入れていくことを繰り返します。そうすることで、オリジナルな論文が完成します。本質、知識、体験を常に意識して論文演習、先生の添削を繰り返してきたことが、本番の余裕につながったと思います。

<苦労した点(面接対策)>
 難関の一次試験を突破しても、2回の面接に突破しなければ、最終合格をすることができません。この面接をする前に、五十嵐先生と喜治塾長に摸擬面接をして頂きました。特別区ならではの面接を事前に体験しておくことで、面接のマインドセット(心構え)を習得することができました。この2度の摸擬面接なくして、私の合格はありませんでした。特に、喜治塾長の摸擬面接は本番並みの厳しさがあるので、絶対受けておくことをお薦めいたします。本番は、場合によっては、さらに厳しい状況にもなります。
 本番の面接では、五十嵐先生の講義通り、1回目は終始笑顔の絶えない面接でした。もちろん、時折、突っ込まれたりはします。問題の2回目です。入室してすぐに、1回目と雰囲気の違いを感じました。緊張のあまり受験番号を間違え、礼も中途半端になる失態を犯してしまいした。さらに、面接の質問も同じ内容に関して言葉を変えながら、何度も聞いてきます。抽象的に答えようものなら、すぐ突っ込みが入ります。このようにして、受験生が本気なのか、どうか本質を聞いているように感じました。できる限り準備して、質疑応答は具体的に答え、失敗しても最後まで諦めない姿勢が2回目の面接で大事なことではないでしょうか。

<工夫した点>
先生が薦めてくれた参考文献は必ず読みました。その他、市役所の友達が薦めてくれた地方自治職員研修(月刊)とガバナンス(月刊)を定期購読しました。特別区ハンドブックも購入し、面接と論文対策の参考にしました。東京都の公務員を目指す方は、特別区ハンドブック必読でしょう。あとは、福祉施設のボランティア等をして、現場主義の愚直な行動をとりました。

<後輩へ一言>どんなことでも良いので、必ずボランティアはやってください。きっと、面接でも、入庁後も役に立つ体験ができると思います(まだ入庁していませんが笑)。最後は、喜治塾の先生と自分の努力を信じることでしょうか。ぜひ一緒に地域の絆を大切にし、東京のプロジェクトXをやりましょう。そして、来るべき首都直下型地震に万全の備えをしましょう。
  1. 2013/01/30(水) 16:08:29|
  2. 合格者の声
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。