私たちが日本を支える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

民間との併願も可能!勉強の負担の少ない公務員試験が増えています。

民間企業を中心に考えているが、公務員試験にもチャレンジしたいと考えている方、
公務員にも魅力を感じるが、勉強のハードルが高くて踏み切れなかった方、
近年、受験のチャンスは増えています!

幅広く人材を募集するため、教養科目(英国数理社・高卒程度)だけを課し、
専門科目(法律、経済など)なしで受けられる試験が増えているのです。

たとえば、
神奈川県、高知県、佐賀県、岩手県、秋田県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、
国家総合職教養区分などは、専門科目なしで受験できる試験を実施しています。

ほかにも、国立大学法人、全国の市役所の大多数は教養科目だけで受けられますし、
東京都も専門科目を3科目だけ選んで受験できます。

教養科目だけの試験なら、専門科目のある試験の3分の1の勉強量で済みます。

ただし、これらの試験はコミュニケーション能力を重視するやり方なので、
論文や面接、討論、プレゼンなどのスキルには磨きをかけなければなりません。
民間の就活と共通する部分も多くなります。

公務員の仕事は安定性が高いだけでなく、
職種の範囲も広く、創造的で、とてもやりがいがあります。

すでに民間の就活をスタートされている方も、新3年生の方も、
ぜひ公務員を選択肢の一つに入れてもらいたいです。

詳しい説明をお聞きになりたい方は、ぜひ喜治塾に足を運んでください。


  1. 2012/03/24(土) 18:38:57|
  2. 公務員試験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。