私たちが日本を支える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

面接準備 間違いやすいポイント

特別区経験者採用の2次試験の合格発表がありました。
例年と同じく、1回目の面接試験ではそれほど絞り込みませんでした。
つまり、次2回目の面接試験で決まるのです。

面接試験は、経験者の経験を買うわけだから、
いまさらどうこうできるものではないと思っている人もいるようですが、
しかし、それは二重、三重に間違いです。

マチガイポイント【1】
自分自身の経験を客観的に、かつ、他者との関係の中で相対的にとらえること
は、自分一人では意外とできないものです。
自分では、「あたりまえ」で、「自慢できるようなものではない」と思っている要素が
私達(特別区職員を経験してきた者)の目から見ると重要なアピールポイントである場合があります。
自分で勝手に切り捨ててしまったことが、実は豪華kへのアピールポイントであったとすれば
悔やんでも悔やみきれません。

マチガイポイント【2】
自分ではそれなりに伝えているつもりでも
はじめて聞かされる面接官の側からすると
あまりよくわからないなどということはいくらでもあります。
人に聞いてもらってはじめてそれがわかるのです。
自分だけで考えていてもそれはわかりようがありません。

マチガイポイント【3】
自分の思い込みだけで
志望動機や自分のやってみたい仕事などの話を用意していても、
それが的外れであれば、面接官から指摘を受けて
面接自体がボロボロになってしまう可能性もあります。

特別区の業務内容、現在の問題点
区役所の問題意識などについてしっかりとわかっている講師の
模擬面接でなければ意味がありません。

【喜治塾の模擬面接】
喜治塾では、幹部クラス相当の4名の講師が
模擬面接の面接官をつとめます。
違った視点をもつ4名の面接官に見てもらうことで
自分の弱点をあらゆる角度から把握することができ
準備にも万全を期すことができるのです。
30分7700円(電話で予約してください。03-3367-0191)
詳細は こちら
http://www.kijijuku.com/
  1. 2014/11/07(金) 13:00:34|
  2. 塾長 所懐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。