私たちが日本を支える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

論文の書き方

ある塾生の方から、論文の書き方についての質問をうけ

それに答えたメールの一部をここにも転載します。
多くの方から同じような悩みのご受けますので。


情報が足りなくて、読み取りにくい部分もあると思いますが
エッセンスはとれると思います。

受験生
 (ご自身の考えを書いたうえで)
>この考え方で間違ってないでしょうか?


そもそも論として、論文に「間違い」はないのです。
どうアピールした方が、アピール度が高いかを考えましょう。
なぜ自分の職場でも「チームワークが欠かせないもの」と考えたのでしょうか?
なぜ「仕事を円滑に進めるためにはチームワークが必要」なのでしょうか?
役割分担を明確にすることではダメでしょうか?
役割分担して、それぞれが自分の役割をしっかりと果たす、
情報をきちんと伝え合うことではダメですか?

それともそれをチームワークと呼ぶのでしょうか?

もっともっと自分の仕事を思い出して、

チームワークがあったのか?

どういうことがチームワークだったのか?

チームワークがうまくいっている時には

いっていないときに比べて何が違っていたのか?

なぜそう感じたのか?

その違いはどこから来るのか?

などなど、もっと考えてみてください。



>具体例として思いついた5項目すべてを書いていいのか?

>それとも1つに絞っていったほうがいいのでしょうか?



これもどっちの方が、アピール度が高いか?

もっと端的に言えば、「いい点がとれそうなのはどっちか?」で

決めるのです。

いい話があるのであれば、それで攻めればいいでしょうし、

まああんまりというのであれば、5つ書いてお茶を濁すしかありません。(失礼)
5つを並列で書くのは1000字程度の論文ではあまりインパクトがあるとは思えないのです。

「いい話」とは、ほかの人が書きそうもないことで

自分が体験していたことだと思います。

それはどの本にも書いていなくて、自分の職場で自分が感じたことの中から

出てくると一番GOODです。





>論文を書き直す際も90分測って書いたほうがいいですか?



その必要はありません。何時間かかってもいいので

バッチリいいものを仕上げてください。



もっともっと時間をかけていいので、悩んで悩んで、思い出して思いだして

今日も、明日も、あさっても、何日も何日も

しつこくしつこくどうだろう??と考えることが重要です。

「書く」作業自体は、まだまだ先で全然構いません。

「考える」訓練を積むことが必要です。



私の言いたいことがうまく伝わるかは、かなり不安なのですが

メールしました。

えてして受験生は

「それでいいよ」とか「こうするといいよ」というアドバイスを

求めますが、そうではないということが分かってもらえるといいのですが・・・。
  1. 2015/02/07(土) 16:46:45|
  2. 塾長 所懐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。